1坪洗面室

洗面室は使用頻度が高い場所です。LDKと同様に洗面室を重視した家造りをする人は非常に多いです。家族みんながいろいろな用途でこの空間を利用するので、過ごしやすい空間が求められます。洗面室の一般的な広さは1坪と言われています。しかし最近では1坪以上の広さに余裕を持たせた洗面室が人気となっています。しかし我が家は洗面室の広さを1坪しか確保することができませんでした。最初は後悔をしていましたが、多くの工夫を取り入れたことで実際に生活してみると洗面室の広さが1坪でもさほど支障ありません。

広さに限りのあるため無駄な空間を生まないようにすることが一番です。化粧台と洗濯機を隣り合わせで設置したのですが、その間に20~30㎝ほどのスペースが生まれます。このスペースをそのままにするのではなく、ここに化粧台と同じ高さのキャビネットを設けました。洗濯の時に使用する洗剤、ヘアアイロンやお化粧道具など洗面室で使用するものをきちんと収納できています。また洗濯機の上部も有効活用しました。ここにはオープン棚を設けました。ここには家族の下着やパジャマを収納しています。

限られた空間の洗面室ですが、洗面室で必要な物をきちんと収納することができています。洗面室の窓は天井近くに横長の形状のものを設置しました。明かり採りとしても換気という観点からも満足しています。この形状の窓を天井近くに設けたことで収納スペースを有効的に設けることができたのです。入浴の前後で使用する空間でもあるので、下着や着替え、タオルをおくカウンターがあると便利です。開閉式のカウンターを造り付けました。入浴を終えれば棚をスッキリとしまえるため空間を有効的に使用できるのです。限られた空間でも工夫次第で快適性を得られるのです。

あったら便利なもの

私の周りには家を建てた友人が増えてきました。我が家も家造りを前向きに検討しています。家造りをした友人達にいろいろアドバイスをもらっているのですが、一番多いのが室内用の洗濯物干し場をしっかりと設けておいた方がいいということです。

屋外には当たり前のように洗濯物干し場を設置します。しかし雨の日や、外出して帰宅が遅くなる時、花粉が多く飛散する日や、大気汚染物質が多く飛来する時など、屋外に洗濯物を干すことができない時や干すのに抵抗を感じる時は意外と多いです。このような時でも洗濯は行います。室内用の洗濯物干し場をしっかりと設けておくことで毎日の家事が円滑に進められるのです。家事へのストレスも軽減することでしょう。最近では天井から吊るすタイプのものが多く、使用しない時にも全く邪魔にならないのです。

室内用の洗濯物干し場と同時に多くアドバイスを受けることは、コンセントはできるだけ多く設けておいた方がいいということです。これは設け過ぎていても邪魔ならないだけに、使用する家電を想像しながらコンセントの位置や数を決めるのです。今生活している家でもここにコンセントがあると便利なのにな!と感じることがあります。

どこでどのような家電を使用するのかということしっかり考え、コンセントの位置と数を決める必要があるのです。ここにも欲しいと後から思っても、設置することができないだけに、事前にしっかりと考え設置しておきましょう。住宅購入は人生最大の買い物です。それだけに失敗や後悔はできるだけ感じることのない家にしたいものですね。

キッズコーナー

先日、新築住宅が完成した友人宅を訪れました。その友人宅にはキッズコーナーが設けられていました。小さい子どもが二人いる友人は、ママの目の届く場所にこのキッズコーナーを設けていたのです。キッチンで家事をしながらでもきちんと目が行き届くので安心です。またリビングからの視線は緩やかに遮っていました。

リビングはゆったりとくつろぐスペースにするには、キッズコーナーと緩やかに区切ることでそれが実現できます。リビングでくつろいでいる横でおもちゃがガチャガチャ音を立てたり、散らかるとリビングの快適性は下がってしまいます。くつろぐスペースと子ども達が遊ぶスペースをそれぞれゾーニングしておくことでリビングの快適性は保たれ、子ども達も思い切り遊ぶことができるのです。

ここには空間にピッタリのカウンターが設けられていました。今はお絵かきをしたり、パズルをしたりするのに最適のカウンターです。もう少し成長したらここがスタディコーナーとなるのです。小学生頃までの子ども達が勉強する場所は、自分の部屋ではなく家族が近くにいるリビングやダイニングです。学習机でお金をかけるよりも、リビングやダイニングの一スペースにスタディコーナーを設ける傾向が最近では強まっているのです。

友人宅はこのキッズコーナーがスタディコーナーとして利用できるのです。宿題をしている子どもの様子もしっかりチェックできますし、子どもも分からない所があれば親にすぐ質問できるので勉強もはかどります。このように子どもの成長に合わせて臨機応変に対応できる空間があるといいものですね。

玄関周りの快適性

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。それだけにいつもきれいで片付いた状態を保ちたいものです。このようにしておくことで急なお客様にでもスムーズに対応できるのです。
玄関を広いスペース確保する家庭も多いです。それは広々とした玄関スペースにしたいのではなく、収納力に優れたシューズクロークや土間収納を充実させたいからです。

玄関周りの物をきちんと片づけられることで、そんなに広々とした玄関にしなくてもいいのです。なぜなら玄関に靴箱や傘立てなど置く必要がないからです。玄関に靴箱や傘立てがないだけでも広々とスッキリとした空間が広がるのです。また外で使用した子どものおもちゃや三輪車、ベビーカーなどついつい玄関の空いたスペースや、玄関ポーチ部分に置きっぱなしにしがちです。これらが玄関部分やポーチ部分を占領すると、生活感の溢れる玄関になってしまいます。玄関の横に収納力に優れたシューズクロークを設けることでこれらの物をきちんと収納でき、玄関部分に物が散らかるのを防いでくれるのです。

シューズクロークは靴や傘をしまうだけのスペースではないのです。室内には収納できない、外で使用するものをきちんと片づけられることで玄関の快適性が高まるのです。靴においても靴箱とは違い、天井にまで広がるシューズクロークはどこにどの靴が収納してあるかが一目で分かります。靴を箱ごと収納できたり、ブーツや長靴など高さのあるものでもきちんと収められるのです。玄関周りに散らかりがちな物をきちんとシューズクロークや土間収納に収めることで、より広々と開放感のあるおしゃれな玄関へとなるのです。玄関の快適性は玄関横に設けられるシューズクロークの収納力がポイントなのです。

子育てしやすい家

多くの女性が住宅に求めることは家事や育児がしやすい家であることです。私も現在二人の小さな子どもを持つ主婦です。子育てをしながら家事をするのは当たり前のことのようですが、体力や神経を使うものです。住宅に工夫をすることで今まで負担と感じていた家事や育児への不満が少しでも軽減させることができるのです。

子育てのしやすい家にするには家事をしながらでも、きちんと子どもに目が行き届く環境であることが一番です。キッチンを対面式のフルオープンキッチンにして、ダイニングやリビングの境に扉や壁を設けずLDKの一体感を高めることで、キッチンで家事をしながらダイニングで食事をする子どもの様子や、リビングで遊ぶ子どもの様子にきちんと目が行き届きます。目が行き届かないことで、家事を中断し、子どもの様子を伺いに行ったりしなければなりません。LDKの一体感を高めることで家事を効率良く行え、また子どもも安心して遊ぶことができるのです。

毎日行う家事には炊事だけでなく、洗濯もそうです。洗濯物干し場に注目してほしいと思います。一階で洗濯をし、二階のバルコニーで干すという家庭も多いと思います。しかしバルコニーで洗濯物を干す間、子どもだけで一階で過ごさせるのは心配です。子どもを二階まで連れてきても階段があるので心配は尽きません。そこでリビングの先に屋外用の洗濯物干し場を設けることで、リビングで子どもの様子を見ながら洗濯物を干すことができます。これもまた家事の手を止めることなく、子どもの様子も確認できるので主婦にとっては嬉しいのではないでしょうか。子育てしやすい家にすることで、家事も育児も楽しみながら行えるようになると思います。

手洗い場

手洗いを行う場所として多くの家庭で洗面室と挙げると思います。しかし新築住宅を建てた私の友人宅にはこの手洗い場が玄関ホールに設けられていました。また別の友人宅ではシューズクローク内に設けられたりしていました。まず玄関ホールに手洗いスペースがあることで家族から遊びに来たお友達までもが使い勝手のよさを感じられる手洗いスペースとなっている印象を受けました。帰宅してまずすることと言えば手洗いうがいです。それを靴を脱いですぐの空間で行うことができれば効率もいいです。

また我が家は幼稚園が終わった後、そのまま幼稚園のお友達がうちに遊びにくることも多々あります。その際でも家に入って気兼ねなく手洗いができるスペースがあれば便利ですし、生活感の出やすい洗面室を見せずに済みます。シューズクローク内に手洗いスペースを設けていた友人は家族が帰宅した際に便利な手洗い場になっていました。

その友人宅には玄関がお客様用と家族用に分けて設けられていました。家族用の玄関にこの手洗いスペースが設けられており、家族が帰宅してそのまま手洗いをして室内へ入ることができるのです。子どもは一度リビングに入ってしまうと面倒くさがりなかなか手洗いをしたがらなくなります。このようなことがなくなりますし、帰宅してスムーズに手洗いできる環境を整えておくことで自然と帰宅してまず一番に手を洗うという習慣を身に着けることができるのです。手洗い場は洗面室という固定概念を捨て、便利で使い勝手のいい手洗い場を設けるのもいいものだなと思いました。

リビング

リビングは家族が集まる場所です。長時間過ごすリビングには必然的にものも増えてしまいます。しかし家族団らんの場が物で空間を占領すると、快適性を損ない居心地の良さも低下します。そこでリビングの収納を充実させることがリビングの快適性を高めるには必要です。

我が家はリビングのテレビを設置した奥に壁一面に背面収納を設けました。着ていた上着を一時置きするスペースを設け、後は収納する物に合わせて、棚の高さを自由にアレンジできるオープン棚を設けました。このスペースは収納スペースとしてだけでなく、子どものスタディコーナーやパソコンスペースとしても活用できるように、窓際に面してカウンターデスクを設けました。子ども達が二人並んでもゆったりと座れる横幅なので勉強もしやすいです。窓があることで空間が閉鎖的な印象にならずに明るい空間となります。

ここで子ども達が勉強してもいいですし、私や主人がパソコンをするスペースとして重宝しそうです。個室のような感覚が自分だけの居場所のように感じることでしょう。オープン棚には子どもの勉強道具もしっかり収納できますし、ランドセルを一時置きするスペースもあります。帰宅してこのリビング収納を活用し、自分の物を自分で管理する習慣を身に付けられ、スムーズに宿題も行えるので暮らしやすさを感じられることでしょう。

天井部分はリビングとの一体感を高めるため、完全に区切りませんでした。また出入り口も扉をつけずオープンにしました。リビングにいる家族との繋がりを感じ、また自分の時間にも集中できるスタイルです。このような空間があることでリビングの快適性も高まりそうです。

都市計画税

都市計画税は目的がはっきりしている税金です。都市計画事業や土地区画整理事業を行う費用にあてるために徴収される税金で、都市計画区域内の市街化区域内や、市街化調整区域で都市計画事業を行う地域内にある土地や建物が課税対象です。
ですから、不動産でも、固定資産税だけが課税されるものと、固定資産税+都市計画税が課税されるものがあるのです。
税率は0.3%を上限として、市町村ごとに定められていて、1月1日現在の土地・家屋の所有者に課税されます。

納税方法は固定資産税と同じです。納税通知書に固定資産税とならんで記載されているので、固定資産税と一緒に支払います。同時に支払うため、固定資産税の上乗せのように感じられますが、都市計画税は、都市計画法により認可された事業にしか使うことが出来ない税金である事を覚えておきましょう。

税金の計算の仕組みは固定資産税と同じで、同様に住宅用地の課税標準の特例もあります。住宅用地と認められる面積は、固定資産税と同じ条件です。
200㎡までの小規模宅地は、課税標準(固定資産評価額)の1/3に、
200㎡超で床面積の10倍までの一般住宅用地は、課税標準の2/3に軽減されます。

また、空き家については、空き家等対策の推進に関する特別措置法により、固定資産税と同様の条件のもと、住宅用地の課税標準の軽減特例の適用対象から除外されます。
税金の負担調整も固定資産税同様の減額措置が講じられ、平成27年度から平成29年度では、前年より税額が1割以上で市町村等の条例で定める割合を超えて上昇する場合には、その超える税額相当分が減額されます。

部屋での過ごし方を想像した間取り計画

住まいを新築する時、夫婦のプライベートルームについて考えます。子ども部屋は、子どもたちが寝る場所であるとともに、勉強したり、くつろいだりする部屋でもあります。しかし、夫婦のプライベートルームというのは、その夫婦の生活スタイルによって、いろいろ変わっていきます。例えば、共働きの場合は、寝室の色が濃く出ますが、時間的な余裕がある場合は、寝室でもあり、居間的でもあり、書斎でもありと、いろいろな要素を持っています。それによって、レイアウトも収納も変わってきます。

私の友人が住まいを新築した時、夫婦のプライベートルームについて話し合いました。彼女たち夫婦は、フルタイムで専門職に就いています。そのため、互いの書斎も欲しかったのですが、独立した書斎を作ると、完全にコミュニケーションが取れなくなってしまいます。
そこで、プライベートルームを広めに確保して、それぞれのベッドの横にミニ書斎コーナーを作りました。その書斎のコーナーの横の壁に天井まで届くクロゼットを作ってもらいました。同じ空間にいながら、独立性も確保しましたので、居心地の良い部屋になりました。

生活が始まると、手を伸ばして届かない高さの収納は、あまり使うことがなく、そんなに高い収納は必要がなかったかなと反省しています。大容量の収納と考えると、どうしても、天井までの高さまでの収納を考えがちですが、実際には、使い心地が悪く、収納したものを死蔵してしまいます。モノの出し入れに、踏み台や脚立が必要になります。
また、ベッドの足元側の壁にも、文庫本やCDなどを収納するために、腰高の奥行きの浅い収納を作り付けてもらったらよかったと思っています。こまごまとしたものを収納しておくと、すっきりと片付くので、掃除も簡単にすることができます。この部屋での過ごし方を想像して、収納を考えていけばよかったと思いました。

奥行のあるバルコニー

私の周りの友人達が次々に新築住宅を購入しています。
その勢いにのって我が家も新築住宅を建てることになりました。
一生に一度の大きな買い物となる住宅は後悔することのないように、また快適で自慢の住宅になるように仕上げたいと思っています。
現在間取りを考えています。

こだわりの一つに奥行のあるバルコニーを設けようと思っています。
二階に設けるバルコニーはただ洗濯物や布団を干すスペースとしてしか考えていない人が多いです。
しかしこのバルコニーに奥行を持たせることでバルコニーでの過ごし方の幅を広げてくれるのです。
まず奥行のあるバルコニーは空間に広がりを感じさせてくれます。
視界が奥に広がることで開放感を得ることができます。
加えて採光がしっかり確保できれば明るく気持ちのいい室内を実現できます。
奥行があることでバルコニーにテーブルやイスを置き、お茶をしたり、時にはこの空間で食事をして楽しむのもいいでしょう。

二階にあるバルコニーは庭にはない開放感が得られるのです。
庭であれば周りの住宅が建ち並びなかなか景色の良さを感じることができませんが、二階のバルコニーであれば景観を楽しみながらよりプライベートな空間を満喫できるのです。近隣住民の視線も気にすることなく過ごせるのでプライバシーもしっかり守られているのです。
奥行のあるバルコニーの下にはウッドデッキを設けようと思っています。
一階にも外への繋がりを持たせてくれるウッドデッキを設けることで開放感や住宅の満足度は大きく変わってくると思います。
バルコニーの奥行で屋根を付けなくても日よけや急な雨にも対応できるのです。バルコニーにこだわってみるのもいいのではないでしょうか。