目指せ王国!

  更新しますといっておきながら、ずいぶんと間が空いてしまいました・・・。

今回は、不動産にまつわる面白話をしたいと思います。

天井をじっとにらんでいるアパート住まいのAさん、考え事をしています、我が家に法律を作り独裁政治いや王になろう、今は言ってみれば首相だけどこれでは駄目だ!ヒトラーのように独裁者を目指そうではないか、しかし難敵は財務大臣の奥さんである。

実は最近お小遣い値上げの予算請求をしたがあえなく却下された、話し合いで何とかしたいがもし戦闘状態になったら危険だ、なにしろこちらは丸腰だが彼女には飛び道具がある、灰皿を持った瞬間、非武装地帯(トイレ)へ非難しなければならない、まてよ、パレスチナが自国を持たないように自分もアパート住まいで言ってみれば自治区に住んでいるようなものだ・・・そうだ!

義父の会社で働いていますが義父から貸家が数軒ある土地と建物の管理を任され家賃をAさんが貰っているのも奥さんのおかげでしょう。

この土地の一角に小さな家を建てこの地を王国にする事を思いつきましたが義父はあっさり「私が建てよう、名義は娘にするぞ。」という事で反対出来る訳も無く家は建ち新生活がスタートしました。貸家の住人ともすぐに仲良くなり親戚付き合いといった感じです。

ある日住人と話しをしていると、大分建物が傷んでいて直した方が良いが建替えていいだろうか?との事だがこの人は建設会社に勤めているので立替えはおてのものです。

Aさんは「いいんじゃない!」と承諾してしまったのです。

建築許可も通ったのですが所有者の欄にはAさんの印鑑がしっかり押印されています、おそらく固定資産税をAさんが払っていたので所有者として通ってしまったようなのです。

季節は過ぎ行ききれいな建物が建ちましたが建物の名義は住人です、やがて義父がAさん宅へ久し振りにやって来たのです。

お分かりでしょう!「こんな馬鹿な男と離婚しなければ親子の縁を切るぞ!」激怒してしまいました。結果、離婚して会社にもいられなくなり家から出ていかなければならなくなりました。

王国を目指していたAさんは王ではなく難民生活のスタートとなりました。

This entry was posted on 金曜日, 6月 29th, 2012 at 3:32 PM and is filed under 不動産. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.