和室にパソコンスペース

私は、家事や育児の合間の時間にパソコンを使い仕事をしています。主人も持ち帰りの仕事が多く、パソコンを使い仕事に集中できるスペースを新居に希望しました。そこで、一体感のあるLDKに隣接して設けた和室にこのスペースを設けたのです。

普段は、建具で仕切らずリビングの延長として利用しやすくしておきます。子ども達が遊んだり、昼寝をしたり、洗濯物をたたんだり、アイロンがけを行う家事スペースとしてもリビングの延長の和室は利用しやすいです。この和室は、洋風LDKとのメリハリをつけるために高さを設けて小上がりにしました。これなら建具で仕切らなくても。空間に立体感が生まれ洋風と和風の空間が隣接しても違和感を感じさせません。

そして、この高さを色々なことに利用できています。和室に設けたパソコンスペースの足元部分を、掘りコタツのように掘り込みました。小上がりの和室でないとこのような造りにできませんし、このようにしたことで足をゆったりと伸ばして作業が行えるのです。長時間利用しやすく、仕事への集中力も保ちやすいのです。パソコンや仕事の資料を広げて作業がしやすい横幅と奥行を確保しました。

カウンター上部と足元を掘り込んだ部分にもコンセントを設けて配線への不便さを感じないようにもしています。カウンター上部にはキャビネットを設け、書類やパソコン関連用品などをきちんと整理できるようにしています。一人でこもって仕事をしたい時は和室の建具で仕切ってしまえば個室としても利用でき、仕事への集中力も高められるのです。和室に設けたパソコンスペースは今では無くてはならないスペースとなっています。

This entry was posted on 火曜日, 5月 1st, 2018 at 2:36 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.