Archive for 3月, 2018

外部収納も忘れずに

家造りを行うほとんどの人が収納に充実した住まいを目指すことと思います。しかし、その収納とは室内の収納ばかりではありませんか。屋外で使用するもので室内に収納できないものも意外と多いだけに外部収納も忘れずにしっかりと計画しておきましょう。
例えば、テントやバーベキュー用品などのアウトドアグッツ、車の工具や洗車用具、子ども達の三輪車や屋外用のおもちゃなど収納スペースに困ります。冬の寒さが厳しい地域では雪かきスコップやスタットレスタイヤなど冬には必需品です。これらをきちんと収納するスペースがないと物が劣化していきます。そのことに住宅が完成した後に気づく家庭も多いのです。そこで庭やカーポート部分に物置を設置するのです。
庭やカーポート部分に物置を設置するとスペースを占領してしまいますし、一気に住宅の外観が生活感で溢れてしまいます。そこで家造りと同時進行で外部収納を計画することで、住宅内に生まれるデッドスペースを利用して外部収納を確保することができます。我が家は、冬にはスタットレスタイヤが欠かせないためこれらを保管するスペースは必須でした。
そこで階段下に生まれたデッドスペースを利用して外部収納を設けたのです。屋外で使用する物をここに収納するため外から物の出し入れができるようにドアを設けました。掃除機や日用品などを収納する室内収納としても階段下を利用したかったので室内からの動線も確保し、室内で使用する物を収納できるようにもしました。
外部収納部分には真ん中に棚を設け下部にはタイヤを整理できています。アウトドア用品や趣味道具などその他屋外で使用する物をきちんと収められています。何よりも住宅の外観を損なわず庭やカーポートもスッキリとしたまま外部収納を確保できて非常に満足しています。しっかりと外部収納も忘れずに計画しましょう。