Archive for 1月, 2018

室内干しスペース

家造りにおいてマストアイテムの一つでもある室内干しスペース。洗濯物はやっぱり外に干したい!という人も多いですが、室内干し派という人も多いです。特に共働きで洗濯を夜行う場合には室内干しがあると便利です。また大気汚染物質の飛来などが気になり洗濯物を屋外に干すのは抵抗を感じるという人も増えています。そこで最近では洗濯物を室内に干すという割合が高まっているのです。
洗濯は毎日行う家事の一つでもあるだけに屋外にも室内にもしっかり衣類が干せる環境を整えておきたいものです。まずは、室内干しを設ける場所です。洗濯機からの動線に配慮しておきましょう。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動しなければならないので、できるだけ動線は短くしておきたいものです。動線を考えるのであれば洗濯機を設置している洗面室の天井に室内干しを完備しておくのが一番効率がいいです。重い洗濯物を抱える手間が省けますし、効率よく洗う→干すという作業が行えます。
動線に配慮しながら設置場所を確保すると同時に、衣類がしっかりと乾く環境を整えておく必要があります。湿気対策も重要です。一番効率よく洗濯物が乾くのが、除湿と扇風機がある環境です。浴室に浴室換気暖房乾燥機を設置している家庭もあります。この衣類乾燥機能が、最初は温風が出て除湿し、その後は風を送り続けてくれるのです。洗濯物を乾かすには除湿と風が求められるのです。室内干しを設ける場所にはエアコンを設置したり、除湿器を設け湿気対策を行うと同時に風を送るようにすることで、しっかりと衣類が乾き家事への不満も軽減することでしょう。室内干しにも目を向け家造りを進めましょう。