Archive for 10月, 2016

洗面化粧室

脱衣場・洗面所をあえて洗面化粧室と言える空間を新居には設けたいなと私は思っています。実家で暮らしている時も、現在の賃貸の住宅においても脱衣所・洗面所はお風呂へ行く通過点でしかなく、歯磨きや手を洗う場でしかありませんでした。しかしその空間も一室として考え居心地のいい長時間居たくなるような洗面化粧室に仕上げたいと考えています。
女性なら誰でも憧れる大きな鏡のある化粧台。大きな三面鏡の奥は収納スペースとなっている商品が増え、物で溢れたごちゃごちゃした化粧台からスッキリ一新できることでしょう。また三面鏡の下にはスマートスペースがあり鏡を見ながらメイクで必要な小物をサッと取り出せ大変便利な収納スペースを設けている化粧台もあります。シンプルな形状の明るく照らしてくれる照明で化粧する時間も楽しくなりそうです。
私は化粧をするのも髪の毛を整えるのも、お肌のナイトケアも洗面所にある化粧台でしたことがありません。薄暗くどこか居心地の良くない空間に思えて、リビングの一角で行っていつも行っています。しかし新居にこのような洗面化粧室を設けたら、化粧もナイトケアもそこでゆっくり時間をかけ自分だけの時間を過ごしたいなと思っています。
またタオルなどを収納するスペースも設けておくと洗面化粧室がスッキリ圧迫感のない空間へとなります。狭い空間だけに無駄なスペースがないようアッパーキャビネットを設けたり、洗濯機のサイズや設置位置も一緒に考え設計するとより統一感が生まれ空間も上手に使うことができるでしょう。洗面化粧室としてキレイで居心地のいい一室にしたいものです。