Archive for 5月, 2016

重要な洗面室

住宅の中で重要視させる部分は暮らしの中心となるLDKです。しかしそれと同じくらい重要視されている場所があります。それは洗面室です。洗面室は家族みんなの使用頻度が高い空間です。手洗いや歯磨き、ヘアセットやお化粧など身だしなみを整えたり、入浴の前後でも使用するので一日何度も使用するのです。
またここに洗濯機を設置する家庭も多く、そうすると洗面室は家事を行う場所にもなるのです。洗面室を設ける際には、生活動線と家事動線の両面から考える必要もあります。これらの動線を意識して間取りを決めることを忘れてはいけません。そして洗面室の広さです。今までは洗面室の広さは1坪が一般的とされていました。しかし最近では1坪以上に広さに余裕のある洗面室が求められるようになったのです。
広さに余裕があれば、大きな洗面台を設置できます。朝の身支度で追われる時間帯は洗面室が混み合い、スムーズに身支度が行えないということはありませんか。この悩みを解消するためには大きさのある洗面台は有効です。家族が二人並んで歯磨きが行え、効率良く身支度が行えるようになるのです。また、多目的に使用される洗面室では収納しておきたいものも多いのです。広さに余裕があれば収納スペースを充実させることも可能です。
壁一面にオープン棚を設けて物がたくさん収納できるようにしている家庭も多いです。タオル類をはじめ、家族の下着やパジャマなどもきちんと管理でき使い勝手のいい洗面室となるのです。また室内干しを設けて、洗濯物を干しても邪魔に感じることもないので、洗面室は広めに確保しておくことで過ごしやすい空間となるのです。