Archive for 4月, 2016

可動間仕切り収納

我が家には4歳と2歳の子どもがいます。子ども達がまだ小さいのを考慮し、独立した子ども部屋にせず、広々ワンルームの子ども部屋にしました。広々ワンルームの子ども部屋であれば、子ども達がおもちゃを並べのびのびと遊ぶことができます。走り回れてゆったりと遊べる子ども部屋は子どもにとって理想的な空間でもあります。
子どもが幼いうちは2つの部屋の区切りを設けず、親子で寝るスペースと子ども達が遊ぶスペースという風に空間を利用するのもいいでしょう。将来的にワンルームを二つの空間に分けることを想定して出入りするドア、窓、照明、コンセントなどは二部屋分設けておきます。このように環境を整えておくことで、個室にする時に大掛かりなリフォームをせずにすみます。
小学生頃になると勉強机を並べて配置し、共に勉強し、寝る時は別々という風に空間を利用したり、勉強するスペースと寝るスペースとして利用させるのもいいでしょう。子どもの成長過程にピッタリに空間をアレンジできます。中学・高校生くらいになるとそれぞれ独立した個室を必要としてくるでしょう。その際には可動間仕切り収納で完全に空間を区切るのです。収納機能を兼ね備えているので、空間が狭くなっても物が部屋に溢れることを防いでくれます。
それぞれの空間に合わせてピッタリになるようにオーダーメイドでき、女性一人でも寛太院に移動できるので、空間をアレンジするにはピッタリなのです。子ども達が巣立っていけば必要なくなった個室をまたワンルームに戻すこともできます。可動間仕切り収納で空間をその時々で最適のかたちにしたいものですね。