Archive for 1月, 2016

1坪洗面室

洗面室は使用頻度が高い場所です。LDKと同様に洗面室を重視した家造りをする人は非常に多いです。家族みんながいろいろな用途でこの空間を利用するので、過ごしやすい空間が求められます。洗面室の一般的な広さは1坪と言われています。しかし最近では1坪以上の広さに余裕を持たせた洗面室が人気となっています。しかし我が家は洗面室の広さを1坪しか確保することができませんでした。最初は後悔をしていましたが、多くの工夫を取り入れたことで実際に生活してみると洗面室の広さが1坪でもさほど支障ありません。
広さに限りのあるため無駄な空間を生まないようにすることが一番です。化粧台と洗濯機を隣り合わせで設置したのですが、その間に20~30㎝ほどのスペースが生まれます。このスペースをそのままにするのではなく、ここに化粧台と同じ高さのキャビネットを設けました。洗濯の時に使用する洗剤、ヘアアイロンやお化粧道具など洗面室で使用するものをきちんと収納できています。また洗濯機の上部も有効活用しました。ここにはオープン棚を設けました。ここには家族の下着やパジャマを収納しています。
限られた空間の洗面室ですが、洗面室で必要な物をきちんと収納することができています。洗面室の窓は天井近くに横長の形状のものを設置しました。明かり採りとしても換気という観点からも満足しています。この形状の窓を天井近くに設けたことで収納スペースを有効的に設けることができたのです。入浴の前後で使用する空間でもあるので、下着や着替え、タオルをおくカウンターがあると便利です。開閉式のカウンターを造り付けました。入浴を終えれば棚をスッキリとしまえるため空間を有効的に使用できるのです。限られた空間でも工夫次第で快適性を得られるのです。