Archive for 5月, 2015

部屋での過ごし方を想像した間取り計画

住まいを新築する時、夫婦のプライベートルームについて考えます。子ども部屋は、子どもたちが寝る場所であるとともに、勉強したり、くつろいだりする部屋でもあります。しかし、夫婦のプライベートルームというのは、その夫婦の生活スタイルによって、いろいろ変わっていきます。例えば、共働きの場合は、寝室の色が濃く出ますが、時間的な余裕がある場合は、寝室でもあり、居間的でもあり、書斎でもありと、いろいろな要素を持っています。それによって、レイアウトも収納も変わってきます。
私の友人が住まいを新築した時、夫婦のプライベートルームについて話し合いました。彼女たち夫婦は、フルタイムで専門職に就いています。そのため、互いの書斎も欲しかったのですが、独立した書斎を作ると、完全にコミュニケーションが取れなくなってしまいます。
そこで、プライベートルームを広めに確保して、それぞれのベッドの横にミニ書斎コーナーを作りました。その書斎のコーナーの横の壁に天井まで届くクロゼットを作ってもらいました。同じ空間にいながら、独立性も確保しましたので、居心地の良い部屋になりました。
生活が始まると、手を伸ばして届かない高さの収納は、あまり使うことがなく、そんなに高い収納は必要がなかったかなと反省しています。大容量の収納と考えると、どうしても、天井までの高さまでの収納を考えがちですが、実際には、使い心地が悪く、収納したものを死蔵してしまいます。モノの出し入れに、踏み台や脚立が必要になります。
また、ベッドの足元側の壁にも、文庫本やCDなどを収納するために、腰高の奥行きの浅い収納を作り付けてもらったらよかったと思っています。こまごまとしたものを収納しておくと、すっきりと片付くので、掃除も簡単にすることができます。この部屋での過ごし方を想像して、収納を考えていけばよかったと思いました。

奥行のあるバルコニー

私の周りの友人達が次々に新築住宅を購入しています。
その勢いにのって我が家も新築住宅を建てることになりました。
一生に一度の大きな買い物となる住宅は後悔することのないように、また快適で自慢の住宅になるように仕上げたいと思っています。
現在間取りを考えています。
こだわりの一つに奥行のあるバルコニーを設けようと思っています。
二階に設けるバルコニーはただ洗濯物や布団を干すスペースとしてしか考えていない人が多いです。
しかしこのバルコニーに奥行を持たせることでバルコニーでの過ごし方の幅を広げてくれるのです。
まず奥行のあるバルコニーは空間に広がりを感じさせてくれます。
視界が奥に広がることで開放感を得ることができます。
加えて採光がしっかり確保できれば明るく気持ちのいい室内を実現できます。
奥行があることでバルコニーにテーブルやイスを置き、お茶をしたり、時にはこの空間で食事をして楽しむのもいいでしょう。
二階にあるバルコニーは庭にはない開放感が得られるのです。
庭であれば周りの住宅が建ち並びなかなか景色の良さを感じることができませんが、二階のバルコニーであれば景観を楽しみながらよりプライベートな空間を満喫できるのです。近隣住民の視線も気にすることなく過ごせるのでプライバシーもしっかり守られているのです。
奥行のあるバルコニーの下にはウッドデッキを設けようと思っています。
一階にも外への繋がりを持たせてくれるウッドデッキを設けることで開放感や住宅の満足度は大きく変わってくると思います。
バルコニーの奥行で屋根を付けなくても日よけや急な雨にも対応できるのです。バルコニーにこだわってみるのもいいのではないでしょうか。