Archive for 2月, 2015

スッキリとしたLDK

海外の住宅の間取りはキッチンやダイニング、リビングと壁や扉で仕切らず開放的なものが多いです。日本の住宅はキッチン、ダイニング、リビングとそれぞれの空間を区切るのが主流でした。
しかし近年の日本の住宅も海外の住宅のようにキッチン、ダイニング、リビングの一体感が高まる繋がりを感じられる間取りが人気となってきました。
壁や扉で区切らないことで視界が繋がり空間に広がりを感じます。
より開放的なLDKになるのです。
リビングは家族が長時間共にくつろぐ場所です。
それだけにスッキリとした居心地の良さを感じられる空間に仕上げたいものです。
そこで我が家はテレビを置く壁一面を収納兼飾り棚を設けスッキリとしたリビングに仕上げようと思っています。
テレビ台はテレビ台、収納するキャビネットを置いたり、また別の場所に飾り棚を設けたりとバラバラに設置すると空間に凹凸が生まれ狭く感じてしまいます。
収納も飾り棚もテレビ台と一体型にすることで空間をよりスッキリとさせることができるのです。壁収納にテレビをビルトインさせるというスタイルです。
収納量を増やしたい人はテレビ上部の空間にキャビネットを設けるのもいいと思います。テレビのサイドのスペースは棚を設け飾り棚として写真や雑貨などを飾り、リビングをより華やかに仕上げたいと思います。
下部にはDVDレコーダーや爪切りや綿棒などといった生活雑貨を収納しておけばいいでしょう。
広さに余裕があれば子どものおもちゃなども収納しておくとよりスッキリとしたリビングになることでしょう。
居心地の良さを高め家族団らんを満喫できるリビングにしたいです。