Archive for 10月, 2014

階段下を有効活用

階段下を有効活用させることで住宅の満足度を高めることに繋がると思います。
階段下を収納スペースとして活用させる家庭は多いと思います。
階段下スペースを無駄にすることなく収納スペースとすることで掃除道具入れなど欠かせない収納スペースとなります。
形が変わっていることもあり収納スペースとして活用しにくいと感じたことがある人もいるでしょう。
私が今住んでいる家にも階段下収納が設けられています。
収納スペースとして広さはあるのですが、奥にいく程天井が低く、奥行もあるので出し入れのしにくさを感じています。
扉を設ける位置や、棚や収納アイテムを上手に活用して奥に収納した物でも楽に出し入れできる使い勝手のいい収納スペースとすることが求められていると思います。
階段下を書斎ルームにするのもいいのではないかと思います。
収納のしにくさを感じるよりはちょっとしたプライベートルームを造ることで充実した空間を生み出すことができると思います。
半地下にすることで天井の圧迫感を感じることがなくなります。
暗さを払拭するために窓を設け自然の明るさをふんだんに取り込める工夫も必要です。
備え付けのデスクを設けておけば書斎として大活躍してくれることでしょう。
半地下ということで秘密基地のような空間が広がり子ども達の遊ぶ空間としてもいいかもしれません。
他の家と一工夫して違った家にすることで自分達らしいオンリーワン住宅になり、住宅への愛着も湧くのではないでしょうか。

家事動線をどうするか?

住まいを新築する時、家事動線がスムーズにいくように考えていきます。家事動線というのは、LDK内のキッチンで料理をしながら、お風呂を洗ったり、洗濯をしたり、洗濯物を干したりすることを想定して、それらの動線を考えていきます。しかし、住まいの中の動線は、家事動線だけではありません。住まいの中で過ごしていて、生じる動線が生活動線ですが、この生活動線の中で、一番良く使うのは、トイレへの動線です。LDKからトイレへという動線だけでなく、1階のプライベートルームからトイレへの動線というのもあります。また、家族だけでなく、来客がトイレを気軽に使うことができることも大切です。
私の友人が住まいを新築した時、玄関ホールから引き戸を開けるとすぐに、LDKを設けました。そのLDK内のダイニングとキッチンスペースの東側にトイレとバスルームと洗面脱衣所を作りました。家事動線としたら、かなり短く、スムーズに行きます。また、リビングを中心とした生活動線からしても、かなり便利です。しかし、玄関から向かって左へ真っ直ぐに廊下を伸ばして、その突き当たりに母親のプライベートルームを作りました。母親が若くて、元気な時は、この間取りでも、何の問題もなかったのですが、最近、夜中に何度かトイレに行くようになり、廊下を通って、LDK内へ入る動線が長く、不便に感じられるようになりました。
LDKの出入り口が玄関ホールのところに1か所しかないので、この長い動線をショートカットできるような出入り口をもう1つ設ければ良かったと思いました。母親の部屋を出るとすぐのところに、LDKへの出入り口を設ければ、キッチンやトイレなどへ行くのに、かなり動線が短くなります。来客があっても、キッチンから玄関に出やすくなります。部屋の出入り口は1つと考えていましたが、出入り口の位置を考えると、生活動線が一気にスムーズになります。