Archive for 9月, 2014

住まいづくりの現在と将来

住まいを新築する時、広々と開放的で、日当たりや風通しが良いLDKを考えます。広々としていることで、くつろぐだけでなく、子育てをするのにも、介護するのにも、便利です。仮に、車椅子での移動することになっても、広さを確保することで、移動もスムーズになります。しかし、高齢になっても、介助が必要になっても、一足飛びに、車椅子での移動というわけではありません。壁を支えにすれば、移動できる段階もあるし、手摺を持てば、大丈夫な場合もあります。そんな時、間仕切り壁がない、ワンフロアのLDKというのは、不便なものになってしまいます。
私の先輩が住まいを新築し、義母と同居することを考えた時、高齢の義母は軽度の膝変形関節症がありますが、少し支えがあれば、立ち上がるのも、歩行するのも、自分1人ですることができます。
もちろん、車椅子を使うことはありません。もしかしたら、将来、車椅子になる可能性もあるのではと考えて、それを念頭に、住まいの間取りを考え、設計していきました。しかし、まだ、実際に起こっていない車椅子での移動のことばかりを考えて、住まいを作っていくと、少し、不都合なことも起きていきます。
車椅子の生活には、廊下もLDKもトイレもバスルームも広くしないといけません。しかし、手摺で移動できるので、壁に収納を設け、その収納棚の引き手をかねた手摺をつけることにしました。また、あえて、間仕切り壁を設けて、移動に支障がないようにしました。広く、明るく、開放感のあるLDKというのは、若く、健常な家族にとっては居住性が高くなります。足腰が不自由になって、車椅子生活になった高齢者にとっても、移動に便利です。しかし、高齢者が必ずしも、車椅子が必要だとは限りません。そこで、将来は、間仕切り壁を取り除くことができることも想定して、設置し、手摺もつけました。将来のことだけでなく、現在のことも考えて、住まいを考えなくてはいけないと痛感しました。

主婦が喜ぶ浴室

主婦は365日休むことなく家事を行います。
掃除、洗濯、料理に子育てと日々忙しく過ごしているのです。
そんな中、私が特に面倒と感じることの一つが浴室の掃除です。
浴室の掃除を怠ると床や壁、ドアのゴムパッキン部分に水垢やカビが生えてきます。
少しでもお手入れが楽になると家事の時短にも繋がり、自分の時間を手に入れることができるのです。
まず床。
浴室内で特に床面は水垢やカビが生えやすいだけにこまめなお手入れが求められます。
床が汚れる原因として水玉のように残る水分が挙げられます。
これを解消するために最近のものは特殊な形状になっていて、水たまりを作らず、流れやすく乾きやすくなっているので水垢やカビの汚れが付きにくくなっているのです。
水垢やカビが生えているお風呂に入ってもどこか気持ち悪く、衛生的にも良くありません。
抗菌性を持った床材もあるのでそのような床を採用すると、床の清潔度も高まります。
またお掃除しやすいタイプもあるので汚れが付きにくく主婦も大助かりです。
次に浴室の排水口部分の掃除は大変面倒だと感じる人は多いのではないでしょうか。
私もついつい排水口部分は掃除を怠ってしまいがちです。
髪の毛やぬめりで汚れていて掃除したくないと感じてしまいます。
ゴミをしっかりキャッチし、片手で簡単にゴミをお手入れできるような排水口はないものかと以前から思っていました。
最近のものはこの悩みを解消してくれるような造りになっているのです。
浴室はお掃除が面倒だけにいかに簡単にお手入れして、清潔な浴室を保てるかが一つのポイントになりそうです。