Archive for the ‘ 住宅 ’ Category

室内干しスペース

家造りにおいてマストアイテムの一つでもある室内干しスペース。洗濯物はやっぱり外に干したい!という人も多いですが、室内干し派という人も多いです。特に共働きで洗濯を夜行う場合には室内干しがあると便利です。また大気汚染物質の飛来などが気になり洗濯物を屋外に干すのは抵抗を感じるという人も増えています。そこで最近では洗濯物を室内に干すという割合が高まっているのです。
洗濯は毎日行う家事の一つでもあるだけに屋外にも室内にもしっかり衣類が干せる環境を整えておきたいものです。まずは、室内干しを設ける場所です。洗濯機からの動線に配慮しておきましょう。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動しなければならないので、できるだけ動線は短くしておきたいものです。動線を考えるのであれば洗濯機を設置している洗面室の天井に室内干しを完備しておくのが一番効率がいいです。重い洗濯物を抱える手間が省けますし、効率よく洗う→干すという作業が行えます。
動線に配慮しながら設置場所を確保すると同時に、衣類がしっかりと乾く環境を整えておく必要があります。湿気対策も重要です。一番効率よく洗濯物が乾くのが、除湿と扇風機がある環境です。浴室に浴室換気暖房乾燥機を設置している家庭もあります。この衣類乾燥機能が、最初は温風が出て除湿し、その後は風を送り続けてくれるのです。洗濯物を乾かすには除湿と風が求められるのです。室内干しを設ける場所にはエアコンを設置したり、除湿器を設け湿気対策を行うと同時に風を送るようにすることで、しっかりと衣類が乾き家事への不満も軽減することでしょう。室内干しにも目を向け家造りを進めましょう。

キッチンパントリー

今ではキッチンに欠かすことのできない収納スペースとなりつつあるキッチンパントリー。キッチンには収納しておくものが多いだけに、しっかりと物を収納し、効率よく家事を行える環境を整えておきたいものです。わずかなスペースでも無駄にせずキッチンパントリーとして利用させるのがいいでしょう。広さに余裕があるとウォークイン型のパントリーを設けるといいと思います。
我が家がまさにこのウォークイン型のパントリーです。真ん中の通路の片側には可動棚オープン棚を設けており、食材や調理器具、レシピ本などを整理しています。棚の奥行に変化をつけ、浅い棚と奥行のある棚を設けています。浅い棚だと奥にしまったものが把握しにくく、使用する時には賞味期限が切れていたというような状況に陥ることもありません。ここにきれいに並べて食品のストックを並べています。奥行のある部分には調理器具や収納カゴに入れたお菓子などを並べて整理しています。
そして通路のもう片側には私の居場所となるワークスペースを設けています。カウンターを造り付けており、上部には本棚を設けています。書類などを整理するだけでなく、裁縫道具やパソコンを利用するためパソコン関連用品などもここに収納しています。家事や育児の合間の私の休憩スペースとして、また家計簿をつけたり、夕飯のレシピ検索をしたり、裁縫をしたりとデスクワークする時もここで一人で集中して行うことができています。リビングで過ごす家族の気配を感じながらも、個室にいるかのような気持ちにもさせてくれる居場所があると嬉しいものです。
ただ物を収納するのではなく、このようなスペースを設け、家事の合間の時間の利用の仕方や自分の時間をより大切にできるスペースとして利用できるようにするのもおススメです。

収納用品を買う前に

徹底的にサイズを測る
やはり収納家具、収納用品が必要だと判断した場合に最初にやるべきことは、収納家具や収納用品を置く場所のサイズを測ることです。
部屋や、押入などの収納スペースの中というのは、それぞれの家によって異なります。だいたいこの位なら入るはずという目測で買い物をしては絶対にいけません。店頭の商品には、押入サイズ、クローゼットサイズと表記してありますが、たとえば押入でも奥行きが70cm、クローゼットなのに80cmということは、よくあることです。畳のサイズも、京間、中京間、江戸間、団地間など様々ですから、押入れサイズもそれに合わせてそれぞれ違います。マンションでは構造上柱が内部に出ている事もあり、襖や扉の枠、床と壁の際にある巾木(ハバキ)など、見落としがちな出っ張りもあります。柱や梁の出っ張り具合、コンセントの位置も確認する必要があります。
収納家具を買うときは、置きたい場所の幅、奥行き、高さを測って、簡単な見取り図をメモにして持ち歩く方が良いでしょう。さらに周囲の状況をカメラで撮影しておけば、店頭でのアドバイスも受けやすくなります。
徹底採寸のための注意点
店頭で商品を選ぶとき、引き出しや扉の取っ手が突き出ている形状の場合は、その分も奥行きにプラスして、サイズを確認しましょう。
収納家具や大きな収納用品を置く場所の寸法と、全く同じサイズのものを選んではいけません。必ず5cm程度余裕をみます。なぜなら測るときの誤差や、セットする際に手が入る隙間や、電気コードを這わせるためのスペースが必要だからです。

二階ホールの壁面収納

階段を上がったホールを無駄にせず有効活用させましょう。我が家の二階ホールは6帖ほどの広さがあり、このホールを中心に各部屋へ行き来ができるような造りになっています。ここの壁一面には壁面収納を設けミニライブラリーを設けたのです。
主人は漫画が大好きで漫画本がたくさんありますし、子ども達の絵本やおもちゃ、たくさんあるアルバムなどをここに収納しています。ここに絵本やおもちゃを整理したことで一階のリビングが散らかりにくくなりました。6帖の広さがある二階ホールはここでおもちゃを広げて遊ぶにも最適です。きれいにおもちゃを整理すると同時に遊べるスペースを設けているのでリビングにおもちゃが散らかりにくくなったのです。写真を撮るのが大好きでアルバムも数多いだけにアルバムを一か所で整理できてとても満足しています。
家族みんなで二階ホールでアルバムを開き思い出に浸ることもあります。壁面収納を造り付けたため床から天井まで余すとこなく活用でき、収納力がアップするだけでなく、物をたくさん収納していても収納家具を設置するよりも空間をスッキリと見せてくれています。天井いっぱいに広がる壁面収納ですが、大きな地震が起きても家具が倒れてくる心配がないので安心性も高まります。
寝る前の時間はここの二階ホールで家族でトランプをしたり、ゲームをしたり家族のコミュニケーションを深める場所としても活用できています。眠くなっても寝室へとすぐに行けるため動線もスムーズです。一階だけでなく二階にも家族で集える場所を設けたこと、そして収納場所に困っていた本やアルバムを整理でき非常に満足しています。

洗面室

洗面室の広さは1坪が一般的とされていました。広さに限りのある空間ですが様々な目的で使用されます。洗面、脱衣、洗濯、それに関連する物を収納するスペースが求められます。家族みんなが利用する空間であるだけにみんなが利用しやすい空間にしたいものです。
それにはまず洗面室で必要な物がきちんと収納できるようにすることです。タオル、シャンプーやソープなどのストック、ヘアケア用品、耐休憩、浴室用の洗剤、洗濯用洗剤やハンガー、脱衣室としても利用するため家族の下着やパジャマまで収納しておくとより便利です。
最近では洗面室の広さに余裕を持たせ、壁一面を利用して洗面クローゼットを設ける家庭も多いです。日々出し入れするものはオープン棚に収納し、サッと物の出し入れができるようにしておくといいですし、目に触れると生活感を感じる物は扉付きの収納でしっかりと隠して収納できるようにするのです。このようにすることで生活感で溢れることなく、必要な物の管理がしやすくなります。限られた広さの洗面室でも無駄なスペースなくし、空間を上手に利用させるようにすると洗面室の使いやすさが高まります。
そこで洗面台を造り付けるという家庭も多いです。既製品を使用するのではなく、建物のスペースに合わせて洗面台を造り付ければ隙間が生まれることなく、天井までスペースを有効的に利用できます。モザイクタイルなどを敷き詰めオシャレに仕上げることで生活感を感じさせず、身支度をするのも楽しくなる空間となるのです。洗面室の利用のしやすさは生活の便利さ大きく左右するだけにしっかりと計画して設けたいものです。

ストリップ階段

最近ではリビングにストリップ階段を設ける家庭が増えています。リビング内に階段を設けることで狭さや圧迫感を感じがちですが、ストリップ階段にすることで、下が空いているので部屋が広く見える効果が得られるのです。視線を緩やかにカットしながらも奥に繋がるため狭さを感じにくく、明るさを通してくれるので閉鎖的な印象を避けられるのです。
その結果、リビングに階段を設けても見た目が重くなることがないのです。階段越しに窓を設置することもでき、日当たりの良くない場所に設置されがちな階段を大胆に南側に持ってくるということも可能になり、より明るさを確保できる空間造りを行えるのです。ストリップ階段にすることで間取りの幅も広がるのです。箱型階段だと、階段下のデッドスペースの活用法は、トイレを設けたり日用品や掃除機などを収納する収納庫として利用されることが多いのですが、ストリップ階段の下には見た目にこだわった家具を設置したり、観葉植物を置いたり、部屋の雰囲気を大きく変えられるのです。隠す収納ではなく見せる収納を取り入れインテリア性を損なわないようにしておきたいものです。
他には、カウンターを造り付けてパソコンスペースや子ども達のスタディーコーナーとして利用させる家庭も多いです。居住スペースの一部として空間をオープンに利用できるため、スペースを無駄にすることもなくなります。リビングイン階段が人気を高めているだけに、インテリア性や階段下のデッドスペースの活用法を考えるとストリップ階段が益々人気を高めていきそうです。階段はもはやインテリアの一部なのかもしれません。

建売住宅

我が家は注文住宅で一から家造りと向き合ってきました。業者の人との打ち合わせも自分達で決めなくてはいけないことも多く大変だなと感じることも多かったですが、その分完成した時の達成感や充実感も大きかったです。注文住宅の最大の魅力は、自由度の高さゆえに自分達のこだわりを形にできることです。
しかし、私の周りには完成している建売住宅を購入している人も多いです。建売住宅にした決め手を聞いてみると皆口を揃えて、価格の安さと言います。建売住宅は、規格化された住宅が多いため建築コストを安く抑えることができます。また開発地などが多いため土地の代金も安く設定されているのです。同じ条件の土地に注文住宅を建てると土地の仲介手数料など余計な費用もかかってくるので2~3割のコストアップになるのです。
また、明確な金額が最初から提示されているため予算化しやすいというのも大きなメリットです。魅力はそれだけではなく、実際の間取りをそのまま確認できるという魅力もあります。間取りだけでなく設備やデザインなども確認できるため暮らしをイメージしやすいのです。また日当たり状況や外からの騒音、近隣住民の雰囲気なども実際に体験できるのも大きな魅力ではないでしょうか。注文住宅にも建売住宅にもそれぞれの魅力があり、住宅購入においては自分達に適した方を選択するといいでしょう。

洗面化粧室

脱衣場・洗面所をあえて洗面化粧室と言える空間を新居には設けたいなと私は思っています。実家で暮らしている時も、現在の賃貸の住宅においても脱衣所・洗面所はお風呂へ行く通過点でしかなく、歯磨きや手を洗う場でしかありませんでした。しかしその空間も一室として考え居心地のいい長時間居たくなるような洗面化粧室に仕上げたいと考えています。
女性なら誰でも憧れる大きな鏡のある化粧台。大きな三面鏡の奥は収納スペースとなっている商品が増え、物で溢れたごちゃごちゃした化粧台からスッキリ一新できることでしょう。また三面鏡の下にはスマートスペースがあり鏡を見ながらメイクで必要な小物をサッと取り出せ大変便利な収納スペースを設けている化粧台もあります。シンプルな形状の明るく照らしてくれる照明で化粧する時間も楽しくなりそうです。
私は化粧をするのも髪の毛を整えるのも、お肌のナイトケアも洗面所にある化粧台でしたことがありません。薄暗くどこか居心地の良くない空間に思えて、リビングの一角で行っていつも行っています。しかし新居にこのような洗面化粧室を設けたら、化粧もナイトケアもそこでゆっくり時間をかけ自分だけの時間を過ごしたいなと思っています。
またタオルなどを収納するスペースも設けておくと洗面化粧室がスッキリ圧迫感のない空間へとなります。狭い空間だけに無駄なスペースがないようアッパーキャビネットを設けたり、洗濯機のサイズや設置位置も一緒に考え設計するとより統一感が生まれ空間も上手に使うことができるでしょう。洗面化粧室としてキレイで居心地のいい一室にしたいものです。

子ども部屋に可動間仕切り収納

我が家の子ども達はまだ小さいためそれぞれに個室を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にして、将来的に子ども達が個室を必要とした時にこのワンルームを二つの個室に分ける予定です。そこで活躍するのが可動間仕切り収納です。子ども部屋にこれを採用したのは、子どもの成長と共に子ども部屋に求められる空間のあり方が変わってくるからです。
幼少期は二つの部屋に区切らず、子ども達がのびのびと遊べる空間が広がります。広々とした子ども部屋はお友達が遊びに来た時も重宝します。小学生頃になると学習机を並べて共に勉強したり、寝る時は別々で寝たりと自由に空間を使います。間仕切りを低くして個室になる一歩手前の状態にして個室になる練習をするのもいいでしょう。中学・高校生頃になると完全個室にします。2段積みにした間仕切り収納で部屋を分けて完全に独立させるのです。
この可動間仕切り収納は簡単に移動でき、その空間にピッタリとなるようにオーダーメイドできるのが最大の魅力です。女性一人でも簡単に空間のレイアウトを変えられるのでこれを採用して良かったと思っています。子ども達が成長するといずれは巣立っていきます。巣立っていけば、二つの個室はまた必要なくなります。その際には、またワンルームに戻してセカンドリビングとして利用したり、子ども達が帰省した時のスペースとして利用させることもできます。趣味部屋と収納部屋という風に空間を別の用途で使用させることもできます。子ども達の成長に臨機応変に対応できる空間造りをしましょう。

中二階スペースのある家

我が家は新築住宅を購入することを決め、モデルハウスや完成見学会に参加し、数多くの住宅を見てきました。その中で私の印象に深く残っているスペースがあります。それが階段途中に設けられていた中二階スペースです。
こじんまりとしたスペースですが、ここにはカウンターが設けられており、パソコンスペースとして利用したり、男性の憧れでもある書斎スペースとして利用したり、スタディコーナーとして利用させることもできるのです。大人が利用しても、子どもが利用して、一階のLDKからこのスペースに目が行き届くため互いに安心感が得られるのです。
夕飯の支度をしながら、中二階スペースで勉強する子どもの様子が確認できると安心できます。また、子どもも一階を見渡せば親の顔が見れるので安心して勉強を進められるのです。一階に居る家族との一体感を得ながらも、中二階スペースで過ごす時間は個人の時間を過ごすことができる特別な空間なのです。中二階スペースで過ごす時間は、二階で過ごす家族との一体感も得られるのです。
中二階スペースの下には大きなデッドスペースが生まれます。私が見学した住まいでは、中二階スペースの下にダウンフロアの同サイズくらいのスペースが設けられていました。洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事を行う家事スペースとして利用できるスペースが設けられているのです。家事スペースを設けるのは、最近の家造りの人気の一つでもあります。ママの居場所をしっかりと設けることで、家事や育児への励みにもなることでしょう。