Archive for the ‘ 住宅 ’ Category

キッズコーナー

家造りをしているとつい大人目線ばかりが重視されてしまいます。しかし、子どもにとっても住み心地のいい住まいにしてあげなければ意味がありません。そこで、家族みんなで過ごすLDKの一角に子どもの居場所を設けてあげるのです。子ども部屋は通常2階に設けられることが多いです。しかし、子どもが小さい場合には特に二階の子ども部屋はほとんど利用せず、ただの物置部屋となってしまうケースが多いのです。そこで二階に設ける子ども部屋は必要最低限の広さにしておきます。
家族みんなで過ごすLDKに子どもが思い切り遊んだり、成長すれば勉強するスペースとして利用できる空間を確保しておくのです。リビングに子ども達のおもちゃが散らかっていると親はつい「片付けなさい」と怒ってしまいがちです。それでは子どもも思い切り遊びにくくなります。そこでこのキッズコーナーを設けることで、リビングにおもちゃが散らかりにくくなるだけでなく、子ども達もおもちゃを広げて思い切り遊ぶことができるのです。
リビングとの境には程よい高さの壁を設け空間を緩やかに区切ります。そうすることでリビングからの視線を遮ることができ、子どもだけの空間が広がりますし、勉強するようになった時には気が散らず、勉強への集中力を高められるのです。リビングからの視線を遮りながらもキッチンからの視線はしっかりと届くようにしておきます。これならキッチンで家事をしながら子どもが遊んでいる様子、勉強している様子が把握でき、安心して家事を行えますし、子どもとのコミュニケーションも大事にできるのです。キッズコーナーを設け、子どもも楽しさを感じられる住まいを目指したいものです。

小さい子どもから高齢者まで入りやすい浴室

浴室は一日の身体の汚れを落とす場所であるだけでなく、一日の疲れを癒しリラックスする場所でもあります。しかし、滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室はしっかりと安全性の確保を行っておかなければなりません。小さい子どもから高齢者まで安心して入れる浴室を目指し、快適なバスタイムを送れるようにしておきましょう。
まず浴槽です。以前に多かった和式の浴槽は高さがあるだけでなく、床に置くタイプだったため、入浴する時に足を高く上げてまたがなければなりませんでした。小さい子どもや足腰の弱い人にはとても入りづらいものです。最近は半埋め込み式が主流となったことと、浴槽の形状が立方形から寝そべりやすいように壁に傾斜や手すりが設けられ、体にフィットする曲線を使うなどくつろぎながら入浴できるようになっています。半埋め込み式のためまたぎやすく安全性も高いのです。中には浴槽内にステップが設けられているものもあり、半身浴を楽しめたり、浴槽内の子ども用の椅子としても利用できます。
小さな子どもから高齢者まで入りやすい浴室にするには、操作のしやすさというのも大事です。水の出し止めはレバー一本で操作するタイプに加え、ボタンを押すだけのプッシュ式の水栓もあります。これならお年寄りや子どもでも軽く押すだけで操作ができ、頭を洗っているときにも便利です。水が出しっぱなしになってしまうことがないので節水にも繋がります。安全でゆったりとくつろげる浴槽、操作のしやすさを確保し子どもから高齢者まで快適なバスタイムが送れるようにしましょう。

和室にパソコンスペース

私は、家事や育児の合間の時間にパソコンを使い仕事をしています。主人も持ち帰りの仕事が多く、パソコンを使い仕事に集中できるスペースを新居に希望しました。そこで、一体感のあるLDKに隣接して設けた和室にこのスペースを設けたのです。
普段は、建具で仕切らずリビングの延長として利用しやすくしておきます。子ども達が遊んだり、昼寝をしたり、洗濯物をたたんだり、アイロンがけを行う家事スペースとしてもリビングの延長の和室は利用しやすいです。この和室は、洋風LDKとのメリハリをつけるために高さを設けて小上がりにしました。これなら建具で仕切らなくても。空間に立体感が生まれ洋風と和風の空間が隣接しても違和感を感じさせません。
そして、この高さを色々なことに利用できています。和室に設けたパソコンスペースの足元部分を、掘りコタツのように掘り込みました。小上がりの和室でないとこのような造りにできませんし、このようにしたことで足をゆったりと伸ばして作業が行えるのです。長時間利用しやすく、仕事への集中力も保ちやすいのです。パソコンや仕事の資料を広げて作業がしやすい横幅と奥行を確保しました。
カウンター上部と足元を掘り込んだ部分にもコンセントを設けて配線への不便さを感じないようにもしています。カウンター上部にはキャビネットを設け、書類やパソコン関連用品などをきちんと整理できるようにしています。一人でこもって仕事をしたい時は和室の建具で仕切ってしまえば個室としても利用でき、仕事への集中力も高められるのです。和室に設けたパソコンスペースは今では無くてはならないスペースとなっています。

外部収納も忘れずに

家造りを行うほとんどの人が収納に充実した住まいを目指すことと思います。しかし、その収納とは室内の収納ばかりではありませんか。屋外で使用するもので室内に収納できないものも意外と多いだけに外部収納も忘れずにしっかりと計画しておきましょう。
例えば、テントやバーベキュー用品などのアウトドアグッツ、車の工具や洗車用具、子ども達の三輪車や屋外用のおもちゃなど収納スペースに困ります。冬の寒さが厳しい地域では雪かきスコップやスタットレスタイヤなど冬には必需品です。これらをきちんと収納するスペースがないと物が劣化していきます。そのことに住宅が完成した後に気づく家庭も多いのです。そこで庭やカーポート部分に物置を設置するのです。
庭やカーポート部分に物置を設置するとスペースを占領してしまいますし、一気に住宅の外観が生活感で溢れてしまいます。そこで家造りと同時進行で外部収納を計画することで、住宅内に生まれるデッドスペースを利用して外部収納を確保することができます。我が家は、冬にはスタットレスタイヤが欠かせないためこれらを保管するスペースは必須でした。
そこで階段下に生まれたデッドスペースを利用して外部収納を設けたのです。屋外で使用する物をここに収納するため外から物の出し入れができるようにドアを設けました。掃除機や日用品などを収納する室内収納としても階段下を利用したかったので室内からの動線も確保し、室内で使用する物を収納できるようにもしました。
外部収納部分には真ん中に棚を設け下部にはタイヤを整理できています。アウトドア用品や趣味道具などその他屋外で使用する物をきちんと収められています。何よりも住宅の外観を損なわず庭やカーポートもスッキリとしたまま外部収納を確保できて非常に満足しています。しっかりと外部収納も忘れずに計画しましょう。

室内干しスペース

家造りにおいてマストアイテムの一つでもある室内干しスペース。洗濯物はやっぱり外に干したい!という人も多いですが、室内干し派という人も多いです。特に共働きで洗濯を夜行う場合には室内干しがあると便利です。また大気汚染物質の飛来などが気になり洗濯物を屋外に干すのは抵抗を感じるという人も増えています。そこで最近では洗濯物を室内に干すという割合が高まっているのです。
洗濯は毎日行う家事の一つでもあるだけに屋外にも室内にもしっかり衣類が干せる環境を整えておきたいものです。まずは、室内干しを設ける場所です。洗濯機からの動線に配慮しておきましょう。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動しなければならないので、できるだけ動線は短くしておきたいものです。動線を考えるのであれば洗濯機を設置している洗面室の天井に室内干しを完備しておくのが一番効率がいいです。重い洗濯物を抱える手間が省けますし、効率よく洗う→干すという作業が行えます。
動線に配慮しながら設置場所を確保すると同時に、衣類がしっかりと乾く環境を整えておく必要があります。湿気対策も重要です。一番効率よく洗濯物が乾くのが、除湿と扇風機がある環境です。浴室に浴室換気暖房乾燥機を設置している家庭もあります。この衣類乾燥機能が、最初は温風が出て除湿し、その後は風を送り続けてくれるのです。洗濯物を乾かすには除湿と風が求められるのです。室内干しを設ける場所にはエアコンを設置したり、除湿器を設け湿気対策を行うと同時に風を送るようにすることで、しっかりと衣類が乾き家事への不満も軽減することでしょう。室内干しにも目を向け家造りを進めましょう。

キッチンパントリー

今ではキッチンに欠かすことのできない収納スペースとなりつつあるキッチンパントリー。キッチンには収納しておくものが多いだけに、しっかりと物を収納し、効率よく家事を行える環境を整えておきたいものです。わずかなスペースでも無駄にせずキッチンパントリーとして利用させるのがいいでしょう。広さに余裕があるとウォークイン型のパントリーを設けるといいと思います。
我が家がまさにこのウォークイン型のパントリーです。真ん中の通路の片側には可動棚オープン棚を設けており、食材や調理器具、レシピ本などを整理しています。棚の奥行に変化をつけ、浅い棚と奥行のある棚を設けています。浅い棚だと奥にしまったものが把握しにくく、使用する時には賞味期限が切れていたというような状況に陥ることもありません。ここにきれいに並べて食品のストックを並べています。奥行のある部分には調理器具や収納カゴに入れたお菓子などを並べて整理しています。
そして通路のもう片側には私の居場所となるワークスペースを設けています。カウンターを造り付けており、上部には本棚を設けています。書類などを整理するだけでなく、裁縫道具やパソコンを利用するためパソコン関連用品などもここに収納しています。家事や育児の合間の私の休憩スペースとして、また家計簿をつけたり、夕飯のレシピ検索をしたり、裁縫をしたりとデスクワークする時もここで一人で集中して行うことができています。リビングで過ごす家族の気配を感じながらも、個室にいるかのような気持ちにもさせてくれる居場所があると嬉しいものです。
ただ物を収納するのではなく、このようなスペースを設け、家事の合間の時間の利用の仕方や自分の時間をより大切にできるスペースとして利用できるようにするのもおススメです。

収納用品を買う前に

徹底的にサイズを測る
やはり収納家具、収納用品が必要だと判断した場合に最初にやるべきことは、収納家具や収納用品を置く場所のサイズを測ることです。
部屋や、押入などの収納スペースの中というのは、それぞれの家によって異なります。だいたいこの位なら入るはずという目測で買い物をしては絶対にいけません。店頭の商品には、押入サイズ、クローゼットサイズと表記してありますが、たとえば押入でも奥行きが70cm、クローゼットなのに80cmということは、よくあることです。畳のサイズも、京間、中京間、江戸間、団地間など様々ですから、押入れサイズもそれに合わせてそれぞれ違います。マンションでは構造上柱が内部に出ている事もあり、襖や扉の枠、床と壁の際にある巾木(ハバキ)など、見落としがちな出っ張りもあります。柱や梁の出っ張り具合、コンセントの位置も確認する必要があります。
収納家具を買うときは、置きたい場所の幅、奥行き、高さを測って、簡単な見取り図をメモにして持ち歩く方が良いでしょう。さらに周囲の状況をカメラで撮影しておけば、店頭でのアドバイスも受けやすくなります。
徹底採寸のための注意点
店頭で商品を選ぶとき、引き出しや扉の取っ手が突き出ている形状の場合は、その分も奥行きにプラスして、サイズを確認しましょう。
収納家具や大きな収納用品を置く場所の寸法と、全く同じサイズのものを選んではいけません。必ず5cm程度余裕をみます。なぜなら測るときの誤差や、セットする際に手が入る隙間や、電気コードを這わせるためのスペースが必要だからです。

二階ホールの壁面収納

階段を上がったホールを無駄にせず有効活用させましょう。我が家の二階ホールは6帖ほどの広さがあり、このホールを中心に各部屋へ行き来ができるような造りになっています。ここの壁一面には壁面収納を設けミニライブラリーを設けたのです。
主人は漫画が大好きで漫画本がたくさんありますし、子ども達の絵本やおもちゃ、たくさんあるアルバムなどをここに収納しています。ここに絵本やおもちゃを整理したことで一階のリビングが散らかりにくくなりました。6帖の広さがある二階ホールはここでおもちゃを広げて遊ぶにも最適です。きれいにおもちゃを整理すると同時に遊べるスペースを設けているのでリビングにおもちゃが散らかりにくくなったのです。写真を撮るのが大好きでアルバムも数多いだけにアルバムを一か所で整理できてとても満足しています。
家族みんなで二階ホールでアルバムを開き思い出に浸ることもあります。壁面収納を造り付けたため床から天井まで余すとこなく活用でき、収納力がアップするだけでなく、物をたくさん収納していても収納家具を設置するよりも空間をスッキリと見せてくれています。天井いっぱいに広がる壁面収納ですが、大きな地震が起きても家具が倒れてくる心配がないので安心性も高まります。
寝る前の時間はここの二階ホールで家族でトランプをしたり、ゲームをしたり家族のコミュニケーションを深める場所としても活用できています。眠くなっても寝室へとすぐに行けるため動線もスムーズです。一階だけでなく二階にも家族で集える場所を設けたこと、そして収納場所に困っていた本やアルバムを整理でき非常に満足しています。

洗面室

洗面室の広さは1坪が一般的とされていました。広さに限りのある空間ですが様々な目的で使用されます。洗面、脱衣、洗濯、それに関連する物を収納するスペースが求められます。家族みんなが利用する空間であるだけにみんなが利用しやすい空間にしたいものです。
それにはまず洗面室で必要な物がきちんと収納できるようにすることです。タオル、シャンプーやソープなどのストック、ヘアケア用品、耐休憩、浴室用の洗剤、洗濯用洗剤やハンガー、脱衣室としても利用するため家族の下着やパジャマまで収納しておくとより便利です。
最近では洗面室の広さに余裕を持たせ、壁一面を利用して洗面クローゼットを設ける家庭も多いです。日々出し入れするものはオープン棚に収納し、サッと物の出し入れができるようにしておくといいですし、目に触れると生活感を感じる物は扉付きの収納でしっかりと隠して収納できるようにするのです。このようにすることで生活感で溢れることなく、必要な物の管理がしやすくなります。限られた広さの洗面室でも無駄なスペースなくし、空間を上手に利用させるようにすると洗面室の使いやすさが高まります。
そこで洗面台を造り付けるという家庭も多いです。既製品を使用するのではなく、建物のスペースに合わせて洗面台を造り付ければ隙間が生まれることなく、天井までスペースを有効的に利用できます。モザイクタイルなどを敷き詰めオシャレに仕上げることで生活感を感じさせず、身支度をするのも楽しくなる空間となるのです。洗面室の利用のしやすさは生活の便利さ大きく左右するだけにしっかりと計画して設けたいものです。

ストリップ階段

最近ではリビングにストリップ階段を設ける家庭が増えています。リビング内に階段を設けることで狭さや圧迫感を感じがちですが、ストリップ階段にすることで、下が空いているので部屋が広く見える効果が得られるのです。視線を緩やかにカットしながらも奥に繋がるため狭さを感じにくく、明るさを通してくれるので閉鎖的な印象を避けられるのです。
その結果、リビングに階段を設けても見た目が重くなることがないのです。階段越しに窓を設置することもでき、日当たりの良くない場所に設置されがちな階段を大胆に南側に持ってくるということも可能になり、より明るさを確保できる空間造りを行えるのです。ストリップ階段にすることで間取りの幅も広がるのです。箱型階段だと、階段下のデッドスペースの活用法は、トイレを設けたり日用品や掃除機などを収納する収納庫として利用されることが多いのですが、ストリップ階段の下には見た目にこだわった家具を設置したり、観葉植物を置いたり、部屋の雰囲気を大きく変えられるのです。隠す収納ではなく見せる収納を取り入れインテリア性を損なわないようにしておきたいものです。
他には、カウンターを造り付けてパソコンスペースや子ども達のスタディーコーナーとして利用させる家庭も多いです。居住スペースの一部として空間をオープンに利用できるため、スペースを無駄にすることもなくなります。リビングイン階段が人気を高めているだけに、インテリア性や階段下のデッドスペースの活用法を考えるとストリップ階段が益々人気を高めていきそうです。階段はもはやインテリアの一部なのかもしれません。