Archive for the ‘ 媒介契約 ’ Category

媒介契約と登録

前回は媒介契約に関して説明をしましたが私は営業担当さんと専任媒介契約を結びました。
それと言うのも査定に関しても媒介契約に関しても基礎知識からしっかり説明してもらったので任せても良いのではないかと思ったからです。
しかしなぜ専任媒介契約で専属専任媒介契約にしなかったかというと二週間に一回の報告でもしっかりやってくれればいいと思ったのと
営業担当さんには悪いとは思いましたが、万が一知人や友人が私の家を買いたいと言ったときの事を考えての事です。
説明が抜けていた不動産流通機構レインズについてですが、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータネットワークシステムのことです。
多数の会員不動産会社間で情報交換を行うシステムのようです。
不動産で売買される土地、建物、また賃貸の物件もレインズに登録されているそうです。
レインズに登録することで物件を探している客は複数の不動産屋にまわらなくても1つの会員会社に問い合わせれば、登録物件はすべて把握できる仕組みになっているようです。
また登録義務ではありませんが最近CMでよく見かけるようになったアットホームや不動産屋独自のホームページを持っていれば
売却物件がインターネット上で紹介されるので売り主にとってはありがたい時代になって来ていると思います。
私が売却を頼んだ不動産会社でもホームページが開設されており、私の家もインターネット上で紹介されていました。
家の写真画像や家の間取りなども掲載されており、少々恥ずかしい感じもしましたが売却するためには必要な事だと思います

不動産屋との媒介契約

査定が終わり私の住まいの売却価格が決まったので次は『媒介契約』を結ぶこととなりました。
媒介契約とは売り主と不動産屋との間で不動産の売却を不動産屋に依頼する契約のことです。
査定で算出した売却予定価格や売却活動の内容について説明を受け、媒介契約書の内容を理解して契約を結びましょう。
また媒介契約には『一般媒介契約』『専任媒介契約』『専属専任媒介契約』の三種類があります。
どの契約にもメリット、デメリットがあります。
一般媒介とは売主は複数の仲介業者に重ねて媒介契約を依頼することができます。 また売り主は自ら見つけた購入希望者と直接、売買契約をすることができます。
しかし不動産屋に国土交通大臣の指定する指定流通機構『レインズ』への物件登録の義務はなく、また不動産屋から売り主に対する売却活動の業務状況義務もありません。
本当に力を入れて販売活動をしてくれているかどうか疑問に思う売り主の方も多くいるようです。
専任媒介契約とは特定の1社の不動産屋に売却を依頼する契約です。
他の不動産会社に重ねて依頼することはできません。
売り主は自ら見つけた購入希望者と直接、売買契約を締結することはできます。
不動産屋は国土交通大臣の指定する指定流通機構への物件登録の義務があり、7日以内の登録が必要です
。不動産屋の売り主に対する売却活動の報告を2週間に1回以上文書で報告しなくてはなりません。
専属専任とは特定の1社の不動産屋に売却を依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて依頼はできません。
自ら見つけた購入希望者とは直接売買の契約を締結もできません。
国土交通大臣の指定する指定流通機構への物件登録を5日以内の登録義務があります。
また不動産会社の売主に対する売却活動の報告を1週間に1回以上文書で報告しなくてはなりません。