Archive for the ‘ 未分類 ’ Category

都市計画税

都市計画税は目的がはっきりしている税金です。都市計画事業や土地区画整理事業を行う費用にあてるために徴収される税金で、都市計画区域内の市街化区域内や、市街化調整区域で都市計画事業を行う地域内にある土地や建物が課税対象です。
ですから、不動産でも、固定資産税だけが課税されるものと、固定資産税+都市計画税が課税されるものがあるのです。
税率は0.3%を上限として、市町村ごとに定められていて、1月1日現在の土地・家屋の所有者に課税されます。
納税方法は固定資産税と同じです。納税通知書に固定資産税とならんで記載されているので、固定資産税と一緒に支払います。同時に支払うため、固定資産税の上乗せのように感じられますが、都市計画税は、都市計画法により認可された事業にしか使うことが出来ない税金である事を覚えておきましょう。
税金の計算の仕組みは固定資産税と同じで、同様に住宅用地の課税標準の特例もあります。住宅用地と認められる面積は、固定資産税と同じ条件です。
200㎡までの小規模宅地は、課税標準(固定資産評価額)の1/3に、
200㎡超で床面積の10倍までの一般住宅用地は、課税標準の2/3に軽減されます。
また、空き家については、空き家等対策の推進に関する特別措置法により、固定資産税と同様の条件のもと、住宅用地の課税標準の軽減特例の適用対象から除外されます。
税金の負担調整も固定資産税同様の減額措置が講じられ、平成27年度から平成29年度では、前年より税額が1割以上で市町村等の条例で定める割合を超えて上昇する場合には、その超える税額相当分が減額されます。

3月11日東日本大震災発生をうけて

今まで自分の家を売却することについての話を書いてきましたが、
今回は先週発生した東日本大地震を受けて少し内容を変えて話を進めていこかと思います。被災された方の安全や亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
11日の地震発生日のことですが本当に驚きました。
会社で仕事をしているとなにやら騒がしくみなが話し始めたので何事かと方耳を向けながら仕事をしていたのですが、
みな立ち上がってテレビの方に集まっていくので私もつられるように席を立ちましたが、
テレビをのぞいてみると地震発生の知らせ。
この時は地震が起きて津波の注意報や警報が各地で出たことのみ伝えられていましたが、
時間が経つにつれて大津波による被害が出ていることが明らかになっていきました。
地震だけならまだしも津波による被害が今回の地震では大きな影響となったようで、
津波発生当時の映像を見る度に息をのむことしかできなかったというのが11日の日でした。
次の日から被災地の様々な映像が流れるようになりましたが、
それは惨憺たる状況でなにより被災地ではマンションや病院が数件建っているだけで周辺にあったはずの住宅はがれきの山となっていて、
目を疑う映像でした。自分が住んでいる地域は海や川には面していないので同様の地震があっても津波の被害は考えられないのですが、
自分の実家や学生時代の友人の家は海岸が近かったりするので考えただけでも震えがきます。
今もまだ、むしろ今から被災地の方は大変な苦労をすることだろうと思います。
自分達に出来ることは募金や物資の支援などしかできませんが一日も早い復興を願っています。

友人Wと再会

中学時代の同級生Wから久しぶりに電話があり、休日に街で落ち合うことにしました。
15年ぶりぐらいにあったのですが、お互い生活や仕事など色々な面で変化があり話に花が咲きました。
Wは10年ぐらい前に新築で2世帯同居の注文住宅を地元の住宅会社で建てたらしくいのです。
住宅ローンは35年の固定金利フラット35で借り入れをしているとのことで安定した支払いができているとのことでした。
2世帯同居の家を建てたと言うことでバリアフリー仕様で家を建てたということでした。
Wのお父さんは若い頃から車いすでの生活だったため昔住んでいた家では不自由があったそうです。
基本和室の部屋が多く、家の中では車いすが使えなかったことや部屋と部屋との敷居の段差があったりしたため、
新しく建てる家に関しては車いすでも問題なく家の中を動き回れるようにしたそうです。
廊下も幅を広くとり、部屋と部屋以外にもお風呂と脱衣所の段差もなくしたり、トイレも車いすで乗り入れができるように空間を広くしたりなど様々な工夫をしたそうです。
そのためか、今まで家の中にいるとあまり動こうとしなかったお父さんが今では車いすで自由に動き回るようになって活き活きと生活をしているようです。
やはり家というのは元気の源になるもんだなと2人で話をしました。
実を言うと家の事を楽しそうに話をしているWに悪いと思って私が家を手放そうとしていることは話ませんでした。
せっかくの楽しい話をしているテンションが下がるといけないと思って。まぁこれはこれで仕方のないことですから。